幅員5.5m未満をゆく

押越(おっこし)

昨日は家でごろごろと過ごし、今日もごろごろになりそうだったので、午後から走り初めポタに出かけました。

恩田から鶴川へ抜けて鶴見川沿いのサイクリングロードをのんびり遡ります。
この道は幅が狭く小さな橋も多いため、その度に車止めをジグザグに避けます。
でもポタリングではそんなことは気にならず、かえってスピードを出す人が少ないので落ち着けます。

空き地に竹と笹の塔が立てられていました。どんど焼の準備ですね。
子供達はお団子を焼いて食べ、大人はお酒をちびちび、そんな光景が皆さんのご近所でも見られるのでは?


図師から車道に上がって小山田方面へ。
小学校を過ぎた辺りで目的地の入り口の「押越」バス停。右斜めの急坂へ入ります。

バス停に「押越」とありますが、地形図を見ると実際の押越は坂を上った小尾根にある集落を指すようですね。
また、越の語源通り山の鞍部になっていますし。

上りきった所には小さな稲荷神社があり、その脇にはお墓。
小高い峠情のここは見晴らしもよくご先祖様も気持ちよく眠られていることでしょう。

古い石碑とお地蔵様もあります。
この様子からして、昔からずっとここにあるようですね。根付いている感じ。

この周辺には多くの谷戸と古道が点在しますが、この押越が一番のお気に入りです。
遠くまで出かけなくとも、家から1時間たらずの所にこういう里山の風景が見られることに感謝です。

この後、尾根幹に出てから戦車道路へ移り、帰りものんびりと帰途につきました。


走行距離:43km

13:30 出発
15:15 押越
17:30 帰宅

P.S. 横にした自転車を起こす時に腰を捻ったらしく持病の腰痛が… 明日は走れるかなぁ。