幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

記事の検索  | 最近のコメント  | この記事のコメント 
記事の一覧  | カテゴリー  | 月別アーカイブ  | 過去記事一覧 |  

雛鶴峠-道坂峠

先週は仕事でジテ通しかしていないので今週は走りに行きたい。でも今週はハンドメイドバイシクル展。
二つを天秤に掛けて勝ったのは走りでした (^^;

去年秋の台風被害で通行止めが続いていた相模湖右岸の道。旧相模湖ピクニックランドから鼠坂を上って赤唐辛子三差路までの道です。
ここの通行止めが解除されたようなのでさっそく行ってみました。

コース 154.8km / △2,329m
https://ridewithgps.com/routes/31817690



鼠坂(ねんざか)




崩壊現場は直ぐに現れました。ぎょえ~ (>_<)




ここは鼠坂を上って直ぐのところです。沢の大きな岩は元からありましたが、こんなに明るい場所ではありませんでした。杉の植林で昼でもライトを点けたくなるところ。沢沿いの植林がなぎ倒されて防火帯のようになってしまいました。


ついで赤唐辛子三差路の先では民家をかすめるように土砂崩れ。住民の方は胸をなでおろしたことでしょう。




奥牧野までの道でもそこかしこで土砂崩れがありました。復旧に励んでいる方達に感謝です。
安全第一でお願いします m(__)m


商店で50円コーヒーを飲もうとしましたが、売り切れ。




他の50円は三ツ矢サイダーに、




バヤリースオレンジ。




ジュースを飲みたくなるほど汗はかいていませんので、結局90円コーヒーにしました。
90円でも十分に安いんですが、ここでは高い買い物に感じてしまいます (^^;




秋川沿いにアップダウンを繰り返しながら進んで行きます。
ふと目に付いた時計のような針。時計です。僕のサイコンは3分くらい進んでいますので時計の方が正確です。




雛鶴峠には11時31分に到着。今日はヤギは小屋の中でした。




サイコンでは11時31分でしたが写真のExif情報では11時37分。さらに進んでます (-.-)
腕時計はどうなのよ。と確認したら1分進んでいました。
最近はパソコンもスマホもネットワーク経由で日本標準時を取得していますので無頓着になっていますが、時々ちゃんと合わせないといけませんね。


下りは今回は最高時速にチャレンジすることなく、比較的(?)安全に下りました。




空はずっとどんより。予報では晴れだって、明日以降は天気が悪いから土曜は洗濯しましょうって、言ってたんですけどね。

途中から左へ反れて小さな峠を越えてバイパスが通っている法能地区へ。




調べておいた中華料理屋へ入りました。食べるものも炒飯&餃子に決めていました (^^;
炒飯と餃子は中華屋にかぎりますね。満足満足。






さて、お腹が膨れたところでこの先のコースを考えます。富士吉田まで細道をポタリングして鳥居地峠か、いつも通り道坂峠か。
時間は12時40分。鳥居地峠へ行けないことはありませんが、道志みちで暗くなりそう。それと脚の調子は今一つ。なので、道坂峠にしました。


菅野川沿いの道が徐々に勾配が増していきます。雛鶴峠の長く緩い上りがボディブローの様に脚にダメージを与え、この辺りでへこたれてきます。






だましだましローで上り、ヘアピンを折り返して川を離れると勾配が緩くなります。
ところで、ダンプカーが多く往来しています。峠を越えて道志みちの何処かへ行ったり来たり。交通量は少ないので大きく避けていってくれますが、後ろから来る度に気を遣います。


脚の疲労が徐々に回復してきたころ、道坂峠に到着。




標高1,080mなので流石に寒いです。途中で脱いだウィンドブレーカーを着てトンネルを抜けます。

お稲荷さんの隣に絵馬があります。前回来た時には新鮮な色でしたが、ずいぶんと色褪せています。




どんな願いなのか見てみます (^^;

どれどれ、うむ。まぁ、一般的ですね。イヒヒなイラストがいいです。




おしり? おいしゃさんか (^^;
おの点が左側についてるから読み難いんですね。でも☆とハートは書けるんだ。




こちらは少し字がうまくなってきました。
☆とハートに加えてリボンもあります。でもチレビかぃ。




最後はこちら。切実さが伝わってきますね。
ここに欲しいミニカーの絵があったら、きっと数日後には枕元にあったことでしょう。




淋しい峠のひと時、一人ニヤニヤしながら楽しませてもらいました。次回はどんな願い事が書かれてるかなぁ。


さぁ、ここからは長い長いダウンヒル道志みちへ出るまではカーブが多いので上って来るダンプカーに注意しながら慎重に。
身体が冷えてくるとおしっこです。途中公衆トイレで用を足し、ぐんぐん下ります。


両国橋の後少し上って青根。時間に余裕があるのでコーンスープ缶でまったりします。
向かいに見える交差点から先、崩落個所は再び通行止めになっています。ダンプカーはそちらへ行かずに迂回路へ下って行きました。てっきり崩落現場を行き来しているものと思っていたんですけどね。




重い腰を持ち上げて再スタート。
迂回路を抜けて本道へ合流したところで、道志川の向かいの景色が気持ち良かったので、しばし休憩。川のある谷を挟んだ眺めがいいんです。
すると後ろに停まっていた車からオジサンが出てきて話しかけてきました。いつものようにリカンベント講義の時間です (^^;

その後も、下りは続くよどこまでも。帰りに道志みちを選ぶと楽チンです。
青野原を抜け、次第に街が近づいてくると三ヶ木。現実的な界隈です。

城山で少し上り返して町田街道へ入ると真っ平。この辺りでサードウィンドがやってきて、気持ちよく快走して帰宅しました。


07:05 出発
10:19 奥牧野
14:08 道坂峠
15:40 青根
11:31 雛鶴峠
18:12 帰宅