幅員5.5m未満をゆく

子ノ権現-天目指峠

先週の大雪から数日経ちましたので、もう雪道走行は無理。ガチガチに凍っているでしょうから。
それでも雪化粧した農村風景はみたいので行ってきました。

コース


関東に雪をもたらすのは太平洋上を低気圧が進む場合です。
今回の雪の日は気温が低かったので、都心でも降り始めから雪でした。その為、海に近いほど積雪が多かったようです。
走ったコース上では相原付近が最も多く、八王子から先は少なくなる一方でした。

幹線道路はしっかり除雪されていましたが、数十メートルおきに雪の塊が路肩にあるので気が抜けません。

@小山(町田街道


ファストラン区間を終えて岩蔵街道へ入りコンビニで小休止。
サイクリストの多い埼玉ですが、さすがに雪の後では皆さん走っていません。

岩蔵温泉の裏道にある石碑。ずっと馬頭観音道祖神だと思っていましたが、どうやら違うようです。
女性器をイメージして作られていることは先日発見しましたが、中の石碑を良く見たら、これは男性器ですね。
上部の横線が入っていました (^^;
しかし、彫られた文字は昔の文字のようで判読できませんでした。


この少し先、日影林通りでようやく路面凍結の箇所がありました。


一山越えて入間川へ出た付近にいるヤギくん。今日はご機嫌で僕がメェェェェって鳴くと、鳴き返してくれました。


いつもの農村細道を抜けて川に面したダートも雪の影響なし。


子ノ権現への道へ入っても除雪は完璧で、竹寺の分岐でもこの程度です。


天神社はイチョウの葉が落ちる時がとても綺麗ですが、雪を被った様子もいい感じでした。


実は出掛けにタイヤへ空気を補充した時にスローパンクに気がつきました。
抜け具合から大丈夫だろうとふんで、騙し騙し走ってきましたがやっぱり抜けてきてしまいました。
子ノ権現の手前の、いつもの日当たりのよいスペースで昼食し、その後にチューブを交換しました。


そこから先の急勾配区間はさすがに雪が残っていて乗車できませんでした。押し。


子ノ権現付近も人影はまばらで静か。
天気予報は雲が多いと言っていましたが、山方面は結構青空が広がっていました。


そして下り。山の北側なので予想はしていましたが、アイスバーンが続きます。
最初の民家のところまで、2/3は押して歩きました。


下りきって天目指峠へ上り返します。
4年前の大雪では除雪されていなかったので、今回もダメもとで進みます。
トイレのあるヘアピンカーブで用をたそうとしたら、上から車が下りてきましたので道の様子を伺いました。
雪の心配はないとのことで一安心。


名栗も静かでした。オートバイもロードバイクも見かけません。車もまばら。
のんびりと余韻にひたりながら走り抜けました。


名栗も雪は少なかったんですが、以降は戻るにしたがって雪が多くなりました。
松ノ木トンネルは内部でしたたる水滴が凍って小さな山盛りになっていてヒヤッとしました。要注意です。


青梅に出て、自転車用の路側帯が整備された新奥多摩街道で帰途につきました。

今年はとても寒く出不精になりがちですが、出かけてしまえばやはり楽しいものです。
除雪はかなり山奥まで進んでいますので、皆さん雪景色を見に出かけましょう。


その他の写真
https://photos.app.goo.gl/avtUAwSldpU6zVai2


走行距離 138km

06:50 出発
09:59 岩蔵温泉
13:15 子ノ権現
14:19 天目指峠
15:10 小沢峠
18:20 帰宅