幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

黒アルマイトの剥離

先日購入したサスペンションシートピラー、THUDBUSTERは真っ黒くろ助。
ツーリング仕様にはやっぱり黒は似合いません(と思う)。
なので、脱色(剥離)してみました!

アルマイトはアルミの表面に酸化皮膜を形成することで、これによって腐食を防いでいます。
色付きのアルマイトは、これに色を浸透させているんです。

昔はサンドペーパーで手にマメをつくりながら必至に削っていましたが、今は専用の剥離剤というのが商品化されています。

アルムーバ (アルマイト剥離剤)
http://www.pro-chemi.com/shopdetail/015000000001/

そして、剥離の状態を綺麗にし、軽く皮膜形成してくれる製品も。

スマトリン (スマット除去・皮膜形成剤)
http://www.pro-chemi.com/shopdetail/015000000002/


シートピラーは長いので溶剤に浸ける容器をどうするか。
ペットボトルは溶ける可能性があるのでダメとのこと。
溶剤の入っている容器の上をノコギリで切り落として使うことにしました。
ピラー全部は浸かりませんが、ひっくり返して二度やればいいや。

アルムーバに浸けて2分くらいすると、少しずつ泡が出てきます。化学反応ですね。
理科の実験みたい (^^;


次第に泡で中が見えなくなってきました。


10分くらいして取り出し、水洗いしながらブラシで擦ると。  おぉーっ! 落ちてます!
気持ちいいくらいに落ちてます (^^)


ひっくり返して更に10分くらい浸けてから洗浄。
白いロゴがあった部分はこのように跡が残っています。これはこれで格好いい
(^^)


少し表面が染みのようになっていますので、これをスマトリンに浸けてから洗浄すると、結構綺麗になります。
しかしそれだけだと白く安っぽいので、ピカールの出番です。
ピカールは液体コンパウンド。金属磨きです。


ピカールで磨いただけだと錆び易いので、もう一度スマトリンに浸けて完成!
ピカール仕上げより少し白みがかった感じです。


そしてセッティング。
やっぱりアルミの色がいいです。惚れ惚れ〜♪ (^^)