幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

発汗冷却システム

ようやく夏がやってきましたね!
夏と言えば汗だく (^^;

でもこの汗がとても重要な役割を果たしています。それは身体を冷却するということです。
肌にじんわり染み出した汗が、乾く時の気化熱によって肌表面の温度を下げています。

最近の衣服は進化していて、汗を素早く吸水して発散させ、肌表面をドライに保つ。
なんて言う謳い文句の製品が多く出回っています。

これって暑さに対しては逆効果なんじゃないの???
だから熱中症が多くなったのかもしれません。

さておき、
よく考えるとこの謳い文句には的を得ていません。
汗には塩分が含まれています。だから汗はそう簡単に乾かないものです。

吸水性が高い肌着で汗を吸い取り、自転車で走行して風にばんばん当たっても、僕の身体は常に湿った状態です。
吸収発散よりも発汗が上回っている、とも言えますが。

でも常に湿った状態であるからこそ、夏場でもサイクリング出来るんだと思っています。

ミレーのドライナミックメッシュ。



人によって評価はまちまちのようですが、僕は夏場に涼しくて気に入っています。逆に冬は寒くてダメ。



一日走ると塩分を含んだ汗でべっとりして気持ちよくはありませんが、この点はどのタイプのシャツでも似たり寄ったりです。
山の水場を見つけたら洗っちゃうのがいいかもしれませんね。

さぁ、これからの一か月。暑さに負けないように汗をたくさんかいてサイクリングしましょう。
水分補給も忘れずに。