幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

プーリーの音がうるさい

日曜にパスハンターに乗って改めて感じたのは、凄く静かだということ。どこからも音がしません。
すこぶる、心地よい。

一般的に自転車が走っていて一番音を発しているのはどこかというと、プーリーです。
チェーンとプーリーが干渉する時に「カタカタ」「カチャカチャ」音が出ます。

パスハンターは内装ハブギヤ仕様でチェーンテンショナーを使っていないのでプーリーがありません。
一番音を発している部品がありませんので静かなんです。チェーンにもオイルを適度に浸透させていることでとっても静か。

ちなみにALFINE内装ハブは、フリースプロケットのようなラチェット音はありません。


対してリカンベントはチェーンテンショナーを使っているのでプーリーの音が気になります。
ディレイラーを使っていた頃は音がするのは当たり前だったので、そんなに気になりませんでした。しかし、音がしない自転車を経験すると、プーリーの音が気になって仕方ありません。



プーリーがチェーンと干渉する時にチェーン自体(ローラーとかブッシュとか)から音が出ていると解消は難しいです。
プーリーから音が出ているなら、ベアリング入りのプーリーにしてどうか…
あるいは、ジュビリーみたいな歯のないプーリーならどうか。

軋み音は、土曜に再度ヘッドをバラし、圧入部にオイルを注してみましたが改善されませんでした。
もしかしたらオイルが浸透するまでに時間が掛かっていて、今週末には音が無くなっているかも。なんて、小さな期待をしています。

リカも静かにしたなぁ