幅員5.5m未満をゆく

海キャンプ(2)

夜は3シーズン用のシュラフにカバーを被せ、厚手のフリースを着てちょうどいい感じでした。
僕のテントは通気性重視のものなので上半分はメッシュだし、フライシートも地面から隙間があります。S氏のダンロップのような山岳用ならもっと保温性がよいでしょう。

T氏がガサゴソしている音で目が覚めました。
ブロロロロ~、コンビニへトイレにでも行ったんだろうと思っていたら、戻ってきませんでした。
そういえば「明日は夜勤だから早めに帰るから」って言ってたっけ。

テントから出ると雲一つない快晴です。
丹沢から伊豆半島の先っぽまでクッキリです。富士山はいつの間にか5合目あたりまで冠雪しています。




浜に日が差し込んでくる頃にS氏お起きてきて、朝のまどろみを十分に感じてから撤収作業。
ゴミはもちろん、焚き火跡も片付けて現状復帰。




この日は周辺の方達による清掃作業が行われていました。子供も大人も手に袋をもってゴミ拾い。
こうした方々にこの浜は守られているんですね。ありがとうございます。

S氏が帰ったあとに僕も帰途につきます。
今日は三浦半島の西側、湘南方面を通って帰ります。

https://yahoo.jp/fEgqF1



先日のブラタモリで湘南をやっていましたね。湘南とはどこを指すのか?とか。
知っている地域が出てくると楽しいものです。

湘南といえば湘南自転車オヤジのnoahponさん。
前回の海キャンプの帰りに僕を迎撃しようと境川で待ち受けていたそうなんですが、タイミングが合わずにお会いできませんでした。
なので、今回はGoogleマップの位置共有をONにして配信。はたして見事にロックオンしてくれて長者ヶ崎を過ぎたところでお会いできました (^^)




リカンベントに興味津々なnoahponさん。目の保養になっていただけたでしょうか。
しばし歓談してから湘南国際村へ上る彼とお別れしました。またお会いしましょうね。

そんなnoahponさんのブログはこちら
https://blog.goo.ne.jp/noahpon


逗子から名越のトンネルを抜けて鎌倉入り。
大仏前の道は混んでいて嫌なので今回は細い道から佐助へ出て藤沢へ向かいました。




境川CRへ入ってしまうと昼食にありつけないので、藤沢の手前でラーメン屋か定食屋を探します。
信号待ちで目に留まったのぼり、いい感じの定食屋さんがありました。

ただ、自転車を停めるスペースがありません。「すみませ~ん」とご主人に声をかけて入り口に立てかけさせてもらいました。





メニューは豊富ですがお値段が少々高め。でも昨夜はコンビニで我慢しましたので奮発してカキフライ定食にしました。
量が多そうだったので「ごはん少なめにしてください」



出てきたカキフライは結構大きくて六つもありました!大満足 (^^)
今後はこの周辺へ来たら昼食はここで決まりです。



後から来たお客さんが頼んだものを見るとやっぱり量が多いです。
かた焼きそばは二段になっていました。ケーキみたい (^^;

お腹が膨れて重くなった身体と、向かい風の通り道な境川CR。
まったりとスローペースで帰りました。




パスハンターにテントとシュラフを括り付けてのキャンプも楽しかったんですが、走りはやっぱり無理があります。
その点、リカンベントだとクルージングが気持ちよかったです。
やっぱりリカを買って良かった (^^)