幅員5.5m未満をゆく

海外の人へ向けて


Google Analytics というサイト訪問者の状況を見れるものがあります。
僕はブログのアクセス数はあまり気にしないのですが、せっかくインターネットで配信していますのでどこの国から訪れてくれているのかは興味があります。

世界地図で視覚化して見るとこんな感じ。

© Google Analytics


それほどアクセス数が多くないにも関わらず、思ったより多くの国からアクセスがあるのでちょっと嬉しいです。
日本人が出張先から見ているのかもしれませんけど (^^;


せっかく海外の人が見てくれているので日本語以外でも表示させよう、ってことで、Google翻訳のサイトへ誘導してサイト丸ごと翻訳できるようにしました。
トップ画像の下にある Transrate to English ... のバーがそうです。
スマホ用の簡易スタイル画面では表示されません)

ただ、この翻訳バーから表示できるのはサイトのトップページだけです。即ち最新の日記だけ。
javascriptを使えば見ている過去日記を翻訳することもできますが、「はてなダイアリー」ではそこまでのカスタマイズは許されていないんです。

まぁ、ブラウザによってはサイト内を右クリックすると、メニューに「○○語に翻訳」というのがある場合もありますけどね。
その機能を使えば見ている過去日記を翻訳できます。

追記:2018/07/29
日記タイトルの右下にある国旗をクリックすると対応した言語に翻訳されます。
スマホ用の簡易スタイル画面にも対応しました。

僕が使っている「はてなダイアリー」にはGoogle翻訳ブログパーツが無いので、自分でHTMLソースやスタイルシートをカスタマイズして上記のバーを追加しました。

中身は、予めGoogle翻訳サイトで自分のサイトのURLを貼り付けて翻訳し、その結果表示されたページのURLをリンクさせているだけです。
皆さんがお使いのブログのパーツににGoogle翻訳が無い場合には参考にしてください。