幅員5.5m未満をゆく

要害山

冬の日当たりがよさそうな一日には山頂お昼ねプランがいいです!
色んなことを考えるもよし、雑念をはらって心を開放するもよし。

向かうのはもちろん要害山。
その山容は富士山にも劣らない美しい形。
別名○ッパイ山 (^o^)/

http://yahoo.jp/9A_Ko0


相模湖まで快走し、中央高速のIC先を左折して右岸へ渡ります。
アップダウンはありますが、集落が点在する道は車が少なくのんびりできます。
上野原への上りもの〜んびり。

いつものコンビニに立ち寄ると、駐車する定位置にランドナーが!
お店から出てきたところをご挨拶すると、既に甲武トンネルを越えてきたとのこと。
午後から用事があるとのことで早朝に家を出てきたそうです。

ランドナーは良く見るとキャンピング車で、クロスドシートステイとキャリヤダボがフォークとシートステーに見てとれました。
ダウンチューブには Katakura Silk のロゴ。
古い自転車のわりに綺麗なので聞いてみると、やはり再塗装してあるそうです。


激坂をあえいで小倉集落を抜け、細いダートを進むと南面に日当たりよく開けた大倉集落に着きます。


集落外れの貯水槽の脇から登山道を押し歩き、15分ほどで峠状の尾根へ登れます。
乗っ越すと登下(トッケ)へ。
要害山へは右へ進みます。


ほどなく山頂。


目新しい案内板が立てられていたので見ると、
なんとここはかつて砦(とりで)だったそうです。
そういえば山頂までに急な段差(崖)が幾つかありますし、山頂部は平たいし。
要害(ようがい)の意味を調べてみると砦に結びつくものでした。


途中のコンビニで飲んだコーヒーがまだお腹にある感じでしたので、先に一寝入りしました。
砦とはなぁ…、でも僕にはやっぱり○ッパイかな (^^;
やはりここでのお昼ねは格別でした。


その後、昼食をって2時間近く山頂でゆっくりしました。
途中、ハイカーが一人登ってきましたが、やっぱりここの山容が気になったんだそうです。

落ち葉の多い肩斜面を登下へ下ります。
この集落は日照時間が短く常に日陰な印象ですが、今日も暖かく辺りに霜すらありませんでした。


時間に余裕があったので、葛原、奥牧野、綱子経由で帰りました。


この日はサイクリストがとても少なかったです。
ランドナー氏以外では行きの町田街道MTBの4人組とすれ違っただけ。
帰りに町田街道で抜かされたような気もしましたが、無礼な人だったのでサイクリストではないでしょう。

その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/20160116

走行距離 120km

06:58 出発
09:55 上野原
11:31 要害山
14:51 奥牧野
15:29 綱子
18:05 帰宅