幅員5.5m未満をゆく

スマホホルダー

携帯=身につけたり、手に持ったりすること。

ケータイの時に続き、スマホでも作りました。
ケータイにしろスマホにしろ、携帯する(身に着ける)ことが基本ですので、鞄にしまうことは考えていません。

スマホ本体はシャープの Aquos phone st です。 107mm×54mm×11.9mm
手帳サイズのスマホを身に着けるのは嫌ですから (^^;


今回素材はサドルレザーにしました。
こういったケースに向いているのは、ある程度の硬さがあって型崩れしない革です。
硬い革は使うことによって形が馴染んでいきます。
オイルドレザーもいいのですが、サドルレザーの方が表面の光沢感があるんです。
さすがにコードバンは高価なので手が出せませんでした。

CADで図面を描いてプリントし、要所の角にペンで押さえて印を付けます。
実は写真のものは失敗作 (^^;


続いて角Rの箇所に丸ポンチで穴を開けます。
カッターで曲がったところは切れませんので。


革を切った後は留め金具を付けて糸で縫い合わせて完成。
留め具は着脱感が気持ちいいマグネットボタン♪
写真下側は編み上げにしてあり、これでスマホのフィット感を調整できるようにしています。


装着した感じは、薄っ
今までのケータイよりも薄いので、これなら上着があっても気にならないでしょう。
革は切りっぱなしで仕上げ処理はしていませんが、使っているうちに綺麗になるのでお構いなし。



さて、WILLCOMからドコモ回線のMVNO(OCNモバイルONE)へ変えたのですが、それなりに変化を感じつつも普通に使えています。

ネットは3Gですが、今までがPHSだったので快適です。
電波の掴みはPHSと同レベルですね。通勤中の駅でも電波が入らない場所(スポット)はそれなりにあります。

メールは、
Gmail以外のWebメールを使いたい
・プッシュ配信必須
・デコメを使いたい
という人はCosmoSiaというアプリで解決できます(無料版あり)。

050PlusのIP電話は、3G回線のみのこのスマホでも許容範囲でした。移動中は試していませんが。
ノイズが入るものの、本人の声だとハッキリ分かりますから。
今まで、相手がドコモの人と話す時には、誰だか分からない場合もしばしばありましたから。