幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

紅葉の犬越路

紅葉のタイミングを合わせるのは結構気を遣いますが、針葉樹が少ない山域を上ればどこかでバッチリの所があるはず。
とういことで、夏に行くことが多かった犬越路を選びました。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=6ad869d4a9cc3ab8597028e7c1121e6d

町田街道を1時間、相原のパン屋さんでコロッケパンで朝食。
こちら方面へ走り出す時の定番となっています。

ロード銀座の道志みちへ入っても前後に影は見えずマイペース。
青野原のコンビニにいました。5〜6人。
1人が前方でスタートしたので様子見。のんびりペースの人だったのでジリジリと間合いを詰めますが抜かすほどの差はありません。

青根手前の上りで背後からLEGONジャージの人が静かに抜かして行きます。
前方にいたロードの横も静かにパス。
やはり最近では声をかけないのが普通になっているようですね。
追走してピークまでバトルでもしたかったタイミングでしたが…

青根からはのんびりと景色を楽しむペースにします。古くからある加藤商店の横を入り神社で小休止。
あれ?気の早いイチョウが見事な色に染まっています。もう少し先かと思っていたのでラッキー♪
イチョウは木によって色づくタイミングに差がありますね。境内の他のものはまだ緑でしたし。

渓谷伝いに奥へ進むにしたがい予想通りの紅葉が始まっていました。
しかし、空はどんよりと雲が厚く稜線付近まで降りてきています。
こういう時は路面に落ちた赤や黄色の絨毯が被写体となります。

今日から冬スタイルにしました。
夏は給水のためにハイドレーションバッグを背負っていますが、それが無くなったのでサドルバッグとウエストバッグのコンビです。

頂上付近の紅葉はピークでした。
緑も混じっていますが、葉が落ちている木々も見られますので、この山域はこうした植生なのでしょう。
日差しが無いのが悔しいです。

トンネルを向こうにある休憩地でランチにします。
今日はおにぎりと、網でウインナー朝買ってきたパンを焼きました。

稜線をまたいだこちら側は少し下った辺りが紅葉のピーク。
針葉樹の少ない山は綺麗に染まりますね。

長いダウンヒルを楽しんでからは大野山の中腹を巻く集落巡り。
少し登り返しますが、林道とは違う趣で落ち着いた気持ちにさせてくれます。

山北へ下って周辺を少し散策します。
普通はここから輪行〜というパターンでしょうけど、僕は普通にファストランで帰路につきます。のんびりツーリングでは脚も余っていますから。
秦野で細かい雨がありましたが路面が濡れるほどではなく、日の暮れたR246を快調にナイトランして帰宅しました。

その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/20131109#

走行距離:145km

06:48 出発
09:25 青根
11:55 犬越路隧道
15:15 山北
18:10 帰宅