幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

TIME Atac MX6 片面フラット化

仕事の日は寝起きが悪いですが、休みの日ってどうして早くから目が覚めてしまうのでしょう。
薄明るくなってきたころに一度目が覚め、気持ちよく二度寝したなぁって思って起き上がるとまだ7時半。

オシッコして顔を洗って新聞流し読みして、早速工作開始!

僕にとって方面フラットのペダルは重要なんです。
山道へ入った時に足がビンディングに固定されていると危険ですからね。何度もヒヤリとしたことがあります。

シマノSPDならネジを外すだけで片側のビンディングを外すことができますが、TIMEの場合はカシメてあるピンを抜く必要があります。
ピンの太さと同じくらいの径のボルトを当ててトンカチで叩きます。

反対側のピンの先はギザギザになっています。

結構硬いです。
ある程度叩き出したら、反対側をペンチで挟んでグリグリと引き抜きます。

パーツ構成はたったこれだけ。
このピンが元通り嵌められるかが心配です (^^;

ピンにオイルをたらしたら結構簡単に外せました。
ビンディング無しでスッキリ♪

そして片面のビンディングだけ嵌めてピンを挿します。
写真手前のピンはすんなり入りましたが、奥側はスプリングのストレスがあるので少してこずりました。でも5分もかかりません。
まずは組立て出来て一安心 (^^)


続いて出っ張った部分を削ってフラットに加工します。
工具台にセット!

昔スキーの滑走面のメンテ用に数種類のヤスリを使っていたので、一番粗いもので削ると簡単に加工できました。

削る前と、削った後の変化はこんな感じ。
これならシューズのソールに引っかかることは無いでしょう。

装着!

う〜ん、細めのタイヤにはちょっとゴツ過ぎるかなぁ…
ちなみに重量は少し軽くなって両方で390gでした。