幅員5.5m未満をゆく

八徳(やっとこ)

6時半に起きるも路面は濡れ濡れ。かろうじて雨は降っていませんが意気消沈でふて寝。
7時半に再び起きて様子を見ると路面が少し乾いてます。
天気予報を確認すると夕方に晴れ間とのこと。
重い腰をあげて出発しました。

先週はぶとぼそ氏ら男5人でオートキャンプ。
僕の車に野郎5人と満載の荷物は異様な光景でした。
キャンプと言うか飲み会が移動しただけなんですけどね (^^;

ということで先週自転車に乗れなかったので今週は乗っておかないと脚がヘタりますからね。
久しぶりに奥武蔵グリーンラインまで足を伸ばしました。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=5735bca511efe1c8c2f956b1f8065062

飯能までは2時間と15分くらい。快調にファストランを楽しめました。
この時間を境に脚はヘタレモードに移行。
じわじわと太腿の裏側の筋肉が力を無くしていきます。

東吾野から右折すると車も自転車も来ない農村地帯。
心身ともに癒されます。雨でしっとりした中は独特の森の香りがしますね。

奥武蔵の峠はどこも最後は激坂になります。
じわりじわりペダルを踏んでグリーンラインに合流。
腹ペコになったので飯能のコンビニで買っておいたお握りをカレーパンで昼食。
確か以前もここで食べたような (^^;

グリーンラインをのんびり上っていると後ろからお歳をめしたロードの方が内装に驚いています。
一旦は抜かされましたが、戻ってきて、写真(携帯)を撮らせて欲しいとここと。
どうぞどうぞ (^^;

傘杉峠の手前で左へ下ります。
そこが八徳(やっとこ)集落。
ここはお気に入りの場所なんです。
明るく開けた斜面と展望。

途中にある大きな桜の木もポイント♪

しかし出発が遅かったのでここで既に13時。
今日は帰路も寄り道を多めに考えていたので直ぐに下りました。

まっすぐ帰ると同じ道になてしまうので、小さな峠を幾つも越えて農村ツーリングを楽しみました。
こういうところをのんびり走っているとヘタった脚はいつのまにか元通りになるんですよね。

最後に笹仁多峠を越えると後は市街地走行。
帰りの平坦は僕にとっては鬼門。交通量が多いとどうしてもペースを上げてしまい脚にきます。
新奥多摩街道を府中手前まで走って右折し、関戸橋〜小野路コースで帰宅しました。
このコースだと八王子からダラダラ上りの御殿峠を越えなくてすみますが、道が単調で飽きます (^^;

新調したニッカーは履き心地抜群! お尻のフィット感が特にいいです。
ペダルはクリートの入りが凄く軽くて快適でした。
でも片面フラット化したにも関わらず、クリートを新しいのと交換したら出っ張りがペダルに当たってイマイチでした。
クリートも改良の余地あり。

その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/2013106#

走行距離: 141km

08:00 出発
13:00 八徳
18:00 帰宅