幅員5.5m未満をゆく

天目指峠-刈場坂峠







今日は名栗から奥武蔵方面を走ってきました。



コース: 町田街道-八王子-青梅-名栗-天目指峠-刈場坂峠-飯能

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=853f4062535f6a52ea8fbcfdf8e6e26





6:15に出発。

天気予報では晴れなのに、辺りはガスっぽくて見通しが悪く、今にも雨が降り出しそうです。でも良く見ると雲は薄いので天気予報を信じて走り出します。



若干の追い風に助けられて町田街道から青梅へファストラン。

町田街道は体調や風の具合に関わらず、何時もほとんど同じタイムで相原のR16交差点につきます。信号が多いからですね。



レトロな看板を眺めながら青梅駅前の町並みを通過し、右折して名栗方面へ。

吹上峠の手前で旧旧道の入口に気が付いたので入ってみました。

この峠はそれぞれの時代のトンネルが三つもある珍しい所です。

途中の民家の前まで舗装でしたが、その先はゲートがあってダートに。

今日は細いスリックタイヤなのでのんびり押して行きました。

しかし、トンネルは蓋がされて通れず。引き返しました。

http://cafe.cyclestyle.net/user/photo/detail/?id=2480



小沢峠を越えると名栗です。ここも好きな地域。

元気のいい農村っていう感じ (^^)

川は少し増水していましたが水はキレイです。こういう川面が近い農村も楽しいですね。



今日は山伏峠へは行かず、途中を右折して標高の低い天目指峠を越えることにしました。

峠付近は杉林に囲まれた日陰で涼しい道程ですが、前後の農村地帯はいい雰囲気です。道幅は狭く車が一台も来ませんでした。

峠自体は眺めも無いしつまらないのですが、静かで良いところでした。

http://cafe.cyclestyle.net/user/photo/detail/?id=2480

http://cafe.cyclestyle.net/user/photo/detail/?id=2480



大型車が行き交うR299を少し走って刈場坂峠にかかります。

去年上った時は山伏峠を張り切って越えたせいもあって、きついイメージがあったのですが、今回は余裕があったのですんなり峠に着きました。



名栗辺りでは晴れていた空が、峠に付くとガスっています。

ときがわ町方面へ下ろうとも考えていたのですが、白石峠方面はまったく視界がきかないので止めました。

のんびりと奥武蔵グリーンラインへ。



ここまで走ってヘタッた脚には、後半のアップダウンはやっぱりキツイです。

権現堂からの下りは、前回はコースを間違えて宿谷の滝方面へ下りてしまいました。

考えていたのは物見山を抜けて下るコースでしたが、気が付いたら五常の滝方面へ下っていました (^^;



山の上は寒いくらいだったのですが下界は暑いです。しかも向かい風強し (-.-)

いつもはヘタッた脚が復活して快調に回るようになるんですが、今日は強い向かい風に為す術無し。

おまけにサス付きのシートピラーが油切れでギシギシと鬱陶しい音はするし…



家が近くなったところで、ノンアルコールのビール(?)を買い、お気に入りの休憩ポイントまで行って飲みました。

最近、走りの終盤に飲んでます (^^)



本日の走行距離: 162.79km



タイム:

06:15 出発

10:11 天目指峠

11:33 刈場坂峠

14:00頃 飯能

17:00頃 帰宅