幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

GoogleEarthで写真付きルートマップ

数日前から風邪をひいてしまい、金曜は仕事を休み、土曜は少し復活したので仕事して、日曜もまだ本調子ではありません。
でもちょっと乗りたい (^^;

スマホGPSロガーを作動させてポタリングしてきました。
GoogleEarthに写真付きのルートマップを作るお試しです。



必要なものは
1.時間付きの軌跡データ
2.GPS情報(ジオタグ)付きの写真データ

僕の持っているデジカメ CANON PowerShot G9X にはGPS機能が付いていません。
サイクリングの軌跡はルートラボで作っていますが、これには時間が付いていませんから使えません。

どちらもダメなので諦めていたんですが2を解決するツールがありました。

轍 Wadachi
https://wadachi.cyclekikou.net/


ただし1の時間付きの軌跡データは用意しなければなりません。
GPSロガーも考えたんですが、とりあえずスマホのアプリを作ってみました。

GPSロガーAndroid
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mendhak.gpslogger&hl=ja


詳細な位置情報は妥協することにしてログ間隔を30秒にしてポタリングへGo!

あっと、その前に近所で急ブレーキの訓練、訓練。
まずは平地で時速30kmから急ブレーキ。すると後ろが浮いてしまいました。おっとっと。
続いて下り坂で時速40kmから急ブレーキ。今度はブレーキングと同時に頭を後方へ突っ張るように反らせたら後ろは浮きませんでした。頭を後ろへ反らせるくらいの動作はできそうです。

急ブレーキではブレーキやホイール、フレームも結構ストレスが掛かります。ディスクは赤茶けるしスポークはピキピキ音がしたり。
前輪は駆動と制動の両方を受け持っているので、かなり頑張ってくれています。1本でもスポークが折れたら怖いなぁ。

急ブレーキは時々行って忘れないようにしようと思います。

病み上がりなのでちんたら走って、帰りに実家の用事を済ませてから帰宅しました。

スマホGPSログをメール添付でPCへ送り、轍へインポート。
次いでデジカメの写真も轍へインポート(詳細は省きます)。

ブラウザでプレビューすると、地図上に軌跡と写真ポイントが合体されて表示されました (^^)
でもポイントをクリックすると写真が本来の位置とズレています。
あ、デジカメ時間設定が狂っているんだ…

落胆しましたが、まてよ、もしかしたら…
ありました、ありました、写真の時間補正機能が備わっていました。
何度か補正を繰り返して、ほぼいい感じの位置になりました。

轍でも独自のWebサービスを行っているので、そこへアップロードすることもできるんですが、地図はOpenStreetMap地理院地図で、いずれも2D表示です。
やっぱりGoogleEarthの3Dにしたい (^^;

轍からKMZ形式にエクスポートすることでGoogleEarthで表示できます。

Web共有したいのでGoogleドライブへアップロードしました。
https://drive.google.com/open?id=1YwNcEfiEgmHnlTIt11Tv__Kn9T88GPx1

GoogleEarthは最近Webアプリケーション(ブラウザで表示するアプリ)になったので、上記の共有リンクをクリックすれば開くと思ったんですが、ダウンロードになってしまいます。

う~ん、、、これでは今一つシームレス感が無いです。
リンクをクリックしたら別ウィンドウで構わないのでGoogleEarthで表示して欲しかったです。残念 (-.-)

まぁ、それでも今ある機材のままGoogleEarthに表示できたので良しとします。


追伸

Googleドライブは諦めて、次いで試したのがWebサーバへアップロードしてみました。
fc2のホームページアカウントがあるのでそこへアップロードしたリンクがこちら。

http://s103inter8.web.fc2.com/GPS/20190519_pota/20190519_pota2.kml

これならリンクをクリックしてもダウンロードにはならず、GoogleEarthが開きます (^^)
(拡張子.kmlがGoogleEarthで開く設定になっていること。画像ファイルがフルパスになっていること。)