幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

津久井湖左岸 - 韮尾根

天気予報を見ると、一日走った場合は海方面も山方面もどこかで雨が降りそう。
タイヤを新しくしたばかりなので、先週のような雨サイは絶対にイヤ。
ということで、近場を走って雨に濡れずに帰宅するルートにしました。


町田街道では大美林前のコンビニで朝食をとるのが最近のパターン。ここはイートインがあるんです♪
軽くお腹も満たされて走行再開すると、交差点の向こうでバイクパッキングなロードの方がこちらを見てペコリ。僕もペコリ。

先行した僕に直ぐに後ろから追い越されました。
「こんにちは〜、遠くまでいかれるんですか?」
←「山中湖まで」
「今日は雨が心配ですね」
←「向こうは大丈夫そうなんです」

余裕で時速35km超で走っています。今日の僕は身体がのんびりモードなので追走もキツイです。
信号で止まるごとにお話しし、途中、橋本方面へ左折していきました。
「気をつけて〜」

先日どこかでウニモグが置いてあるのを見かけたんですが、先週は見つけれませんでした。
今日も気にしながら走っていると、ありました ありました (^^)

迫力ある大きなタイヤはコンチネンタルです。


津久井湖の左岸道へ入ります。
小高くなっているので対岸の眺めがいいです。空はどんより。


三井の手前で先日見つけた細い道へ入ってみました。
急な坂を下ると石碑がありましたが、文字は判読できませんでした。


更に進んでいくと、民家が一軒。道はダートになりました。


三井から名手へ向かいます。
山際の心地いい道が続きます。


ツリーハウスは健在。


自然に帰りつつあるMGも健在。


吉野から一山超えて韮尾根へ入ります。


韮尾根川を渡ったところに昔の貯蔵庫が並んでいました。
ピンボケですみません。この時ちょっとカメラの調子が悪かったんです。


路肩を掃除するオバサンがいたのでご挨拶。
「こんにちは〜、これカボチャですよね」
と声を掛けると話しが弾みました。

角に石仏があったので「ここは古い道なんですか?」と聞くと、「信玄道だったんですよ」とのこと。
ここを通って志田峠を超えて三増へ向かったのかもしれません。


jamさん情報でこの辺りに良い東屋があるとのことなのでウロウロ。
ありました ありました。広々と眺めもよく快適です♪
今日あたりjamさんが出没すると思ったんですが、現れる気配なし (+_+)


志田峠はあいかわらず工事車両が動いていました。
三増側はダートが残されています。写真の付近だけは乾いていますが、以降はジメジメな道です。
昔から志田峠のジメジメぐちょぐちょは変わりありません。


愛川町は坂の多い町です。
河岸段丘を上り下りする九十九折がそこかしこに点在しています。
その一つを下ります。


下った坂はまた上り返さなければなりません。
車の道は一直線。ひどいもんです。


今日は気分的に一直線はやめて旧道を上りました。
一直線よりも急ですが、車がびゅんびゅん走っていないので気が楽ですから。


途中、吉野家でお腹を満たして帰途につきました。


走行距離 75km

その他の写真
https://goo.gl/photos/GUyspsdDyZq5bPC78

06:50 出発
09:19 名手
10:20 韮尾根
13:15 帰宅