幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

リカンベントフレームの重量予測

先週リカンベントを計測の為にケルビムへ預けて、今日引き取りに行きました。
すると、計測だと思っていたのが実は重量の予測でした。一週間では時間が厳しかったことでしょう。無理を言ってしまいました。

で、予測の結果ですが、3.916kg とのこと。

3.5kgにしたかったので残念です (-.-)
この予測にはロー材は含んでいますが、ビームとコラムを連結するブラケットが含まれていませんし、シート台座も含まれていません。これらを加算すると4kg前後になるでしょう。

一旦ここまでの対価をお支払いして検討することにします。
通常ではこういったことに請求はしないそうですが、僕からの希望です。きちんと取り組んで欲しかったし、未知の製作ですから、それは尚更のこと。

検討とはいえ、かなり前向きに気持ちが進行してしまっているので、これを抑えられるかどうか…

フレームが4kgだとすると、カーボンシートと合わせて、今の CruzBike T50 からのマイナスは1.5kg
トータルで13kg
製作を進めるには、ここに意味を見出さなけらばいけません。

もう一度今のフレームの重量を測ってみようかな。体重計ではなくデジタルな測定機を買って。


 ●〇●〇


リカンベントが戻ってきたので、購入したサブライトをBBへ取り付けてみました。

そして、夕方ポタへ出動。








心配された幅も問題ありませんでした。




予報では今日の暑さを境に一気に秋が深まるそうですね。




車が多い道での視認性の確認です。メイン、サブ、共に光量Max。



メインのフラッシングでは夜間は眩し過ぎるので、サブをフラッシングにしてメインは弱点灯がいいかな。