幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

宮ケ瀬ダム-三増-中津川

台風が逆走するというのは前代未聞の出来事。空を見上げると雲が東から西へ流れていました。
幸いにも自宅近辺には被害はなかったようですが、海沿いでは高波の被害があったとのこと。また関東より西の地域では今なお猛威をふるっているようです。
地震、大雨、酷暑、台風、自然災害が続きますね。人間が多くなり過ぎて環境に悪影響を与えてきた結果かもしれません。
環境に対して今僕にできることは、冷暖房なし生活を継続させることくらいでしょうか。

日曜は台風一過とはならず、午前中はだらだらと降ったり晴れたりを繰り返していました。
ようやく雨の心配がなくなったお昼頃、リカベントで出動。

橋本辺りまで行って丹沢方面の雲行きが悪くなければ裏ヤビツでも上りましょ。

コース


暑さは先日の新記録の日を経験してしまうと、大したことはありません。昼前後の太陽でも大丈夫。走ってさえいれば汗に風が当たって気持ちいいです。
追い風に乗って快走し、橋本手前で腹ごしらえに吉野家へ入りました。

小倉橋はいつも下にある古い方を渡ります。下って行く道が気持ちいいし。
渡って上り返していると前方にロード氏。長竹までのアップダウンで少しずつ間合いを詰めます。
ようやく追い付いたら立ち漕ぎでグイグイと離されてしまいました。やっぱり立ち漕ぎされると速度差は歴然です。う〜ん悔しい。
少し長めの上りで再び追いつくと先方がスローダウンしたので抜かせていただきました。「こんにちは〜」

宮ケ瀬ダムの手前のコンビニで休憩。気温も上がってきたので中で涼みながらスポーツドリンクをゴクゴク。
滝汗がひいたところで再スタート。

ダム沿いを流して裏ヤビツへの道へ右折すると、ガ〜ン、通行止めです。
一月くらい前に通行止めになったのは知っていたんですが、まさか未だ復旧していないとは思っていませんでした。


そういえばヤビツ峠までの間には民家はありません。でも札掛に国民宿舎があります。
街へ出るにはヤビツ峠を越えることになりますが、万が一そちらが崩れたら陸の孤島になってしまいます。早く復旧させた方がいいと思うんですけどね。

仕方なくUターンして思案し、三増合戦跡の東屋でお昼寝することにしました。
半原へ向けてダムの高さ分を急降下。

途中、道半分が水溜りになっていたので端よりの濡れている所で自作マッドガードのテスト♪
僅かに後頭部に飛散したような… 少し短かったかな。
前は股はそれほどでもありませんでしたがBB部に結構飛散します。本格的な雨天走行だと前へ飛んだ飛沫が風で顔に向かってくるかもしれません (-.-)


三増合戦跡の東屋はいつきても貸切状態。吹き抜ける風が気持ちよく1時間ほどお昼寝できました。
目覚めると台風一過の濃い青空が広がっていました。


先週の夜走りとコースが被らないように道を選び、今日は中津川沿いの河岸段丘下を行くことにしました。


川の水は増水して濁っていますが、水路の水は綺麗なまま。

河岸段丘の下は広大な田圃が広がります。順調に成長しているようですね。
夏の日差しで木々の緑は濃くなってしまいましたが、稲の緑はまだ若いです。


お昼からの走り、裏ヤビツへは行けませんでしたが、お昼寝と田圃道に癒されて満足です。

走行距離 78km

11:55 出発
14:16 鳥屋コンビニ
15:55 三増合戦跡
18:32 帰宅