幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

満を持して三浦半島ファストラン

美味しいものは最後に食べる主義です (^^;
平地が得意と言われるリカンベント。僕のリカの性能はいかに。

乗り始めた頃は(といっても3ヶ月前のことですが)ふらついて交通量の多い道はビクビクしていましたが、今ではそんなストレスも無くなり普通に走れるようになりました。

コース
https://yahoo.jp/QKbRXL


R16に出る手前にあるコブラ。今日はリアビューです。
いつもピカピカ。


朝食なしで走り出したのでどこかイートインのあるコンビニを探すも、なかなか見つかりません。
保土ヶ谷でしかたなく入った所がたまたまイートインがあって助かりました。

東海道を越えて久保山への上り。やっぱり苦しい。
パスハンではシッティングで時速24kmくらいですが、リカは20km前後。

K21に入ってからは平地べったり。
時速35kmくらいで巡航。何度か後方にロードが着くも、ぐいぐい引き離します♪
速いロードの人なら普通に巡航している速度ですが、この辺りにはあまりいないようですね。

北鎌倉では渋滞もあって、後ろにロードが二人詰まりました。
鶴岡八幡宮へ抜ける上りでも気合を入れます。なんとか抜かれず。

逗子へは名越しのトンネルを抜けます。由比ヶ浜は俗化していて好きじゃないので。
海沿いに出るとロードがわんさか。次から次へとすれ違います。やっぱり皆さん右回りなんですね。


大楠あたりでまた後ろに着かれましたが先行。
陸自の三叉路の信号待ちで前後入れ替わります。そして御崎口の上りへ。

やっぱりここはバトルになるんですよね〜
先行するのはTTバイクに乗る女性。間にはつるんとした脚のヒルクラ体型ロード。

しょっぱなが一番勾配がきついです。
パスハンなら立ち漕ぎで速度を殺さずにシッティングへ以降し、時速20kmを維持して踏ん張るんですが。
リカでは16kmまで落ち込みます。キツイ (>_<)

しかし、前を見ると二人との距離は開いていません。
イケルぞ。

若干勾配が緩みかけたところでヒルクラ体型をパス。
左手をあげて挨拶します。

30mほど先行しているTT女性との間ををジリジリと詰めます。

御崎口駅前で追いついて、ここからは緩いですが余力を振り絞って心肺勝負。
50過ぎのオジサンにはキツイ (>_<)

頂上の三叉路までなんとか離れずにくらいつけました。フー。

その後岩堂山方面へ左折し、広い畑の中の道を流しつつ綺麗なTT女性は消えていきました。


僕は神明神社脇で休憩です。


そうそう、暑い季節になったのでハイドレーション装備に切り替えました。
パスハンではサドルバッグ装備からバックパックへ移行しますが、リカはシート背面のケースに入れるだけ。
蓋が閉まりませんが実用上差し支えありません。
ホースは、カメラと小物入れ用のウエストベルトに挟めばOK


途中、カニポイントの様子を見にいきましたが、夏草に覆われて踏み後がなくなりつつあります。
掻き分けて進むと小川に掛かっていた橋が無くなっていました。以前は散歩道として草刈りもしてくれていたんですけどね。
そういえば道の反対側にあった古い住宅が無くなっていましたので、ここを整備する人もいなくなってしまったのでしょうか。

カニの方は既に冬眠から覚めて活動を初めていました。まだ動きはにぶいようでしたが。
今日は捕獲セットを持ってこなかったので枝で突くだけ (^^;


三浦海岸は追い風にのってクルージング。
力のあるロードを追走したら疲れが出てきてしまいました。
リカは中盤のタレはないんですが、後半に加速度的に疲れていきます。

お腹が空いてきたので久里浜でお店を物色するも、落ち着けそうなところが見当たらずにスルー。
混んでいない定食屋さんが好きなんですけどね〜。結局コンビニになってしまいました。


時間が経つにつれて速度が落ちて休憩が増えていきます。
太腿前後の筋肉というよりも、脚のつけ根の前の筋と、お尻に近い筋肉。
水平に脚を動かすことは今までの生活にはない動作なので、故障しないように序所に鍛えていかねば。

それと決定的に違うのは回転数。
重いギヤが踏めるし、それが楽なのでどうしても回転数が低くなります。
もしかするとそれが上りで遅くなる原因かもしれません。

パスハンで高回転へ移行した時のように、リカでも高回転をストレスなくできるようにしたいですね。
まだまだ進化する余地があります。


走行距離 143km

06:56 出発
09:55 長者ヶ崎
10:42 神明神社
16:57 帰宅