幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

リカンベントのハンドル周り

テクトロFL540ブレーキレバーはとても美しいです。
本体(黒い部分)からレバー先までのカーブは、途切れることなく流れるように繋がっています。

ワイヤーを留めるピンの頭は大きめにできていて、カンパのフーデッドレバーに似た雰囲気があります(もちろん昔の)。
先日手に入れたgrungeのリニアレバーとはデザイン的に対極にありますね。
ゴツゴツしたリンク機構は例えると男性的。こちらの曲線美は女性的と言えます。


ハンドルを曲げ加工したことで目処がつきましたので、各パーツを仮留めしてリカンベントのイメージを膨らませます。


シフターは国内では入手できなくなったので、セカイモンでイギリスから逆輸入。
3倍くらいの価格になってしまいましたが、一択なんです。

グリップはエルゴン。バーエンドの出っ張りが選択の決め手になりました。
リカンベントは腕を前方へ伸ばしてハンドルを握りますので、長時間のツーリングで疲れそう。
このエンド部分に小指を引っ掛けて、腕の重みを軽減する狙いです。

三角形のミラーは、リカンベントが三角を基調にしたデザインなので統一感を持たせてみました。


ステムだけは現物合わせです。
シートに座ってみないことには調整できませんから。

あとはボトルとバッグ類の装備をどうするか。
嵩張る荷物はシートの後ろへ積みたいのですが、ザックやバッグをくくりつけるか、プラスチックBOXをつけるか、思案中です。