幅員5.5m未満をゆく

半原越-韮尾根

金曜は会社の忘年会だったので土曜はまったりと起床。日曜に走ろうと思っていましたので。
でも日曜の天気が下り坂になってしまい、日曜に天気を気にしながら走るより、土曜の快晴の中を少し走った方が気分がいいと判断しました。

準備を終えて10時前に出発しようとタイヤへ空気を入れると、スカッ。
ヒラメの調整ネジが緩んだかな。でもスカッ???

パンクでした (-,-)

最近ご無沙汰だなぁって思っていたんですよね。
普段意気込んでいる時だと意気消沈ですが、今日はポタリング程度なので気後れ無し。
手早くチューブ交換とパンク修理を済ませて10時20分くらいに出発。

清川村から久しぶりに半原越へ上って韮尾根でまったり昼食、というコースです。


R246の大和バイパスを走って相模川へ向けて下っていくと丹沢山塊が前に大きく見えてきます。
天気はいいですが高層がうっすらもやっています。山も少し霞んでいました。天気は下り坂ですからね。

清川村手前のコンビニが無くなったという情報があったので、もっと手前で昼食を調達しました。

道の駅が出来ていましたが、駐車場はあっても商業施設が見当たりませんでした。小さなお店しかないんでしょうか。

序所に田舎道になっていき、右折して法論堂林道へ入ります。
以前はよくタイムアタックしていましたが、のんびり上るのは高校生の時以来かも。


峠の手前2kmくらいの所に崩落がありました。
法面が崩れたのではなく埋没した感じです。
かろうじて縁石が残っていたので、空身で渡ってみてから自転車を押して通過しました。


車が通行できなくなると道路は荒れ放題になりますね。
落石や沢から流れてくる石、枝や落ち葉などが散乱していました。


下り方面は路面もよく、ロードの人がトレーニングしていました。
上って下ってまた上って、のようです。
彼の中では僕は透明人間。

もう一人のロードの人には僕が見えていたようです。
視線を送ってきたのでお互いに笑顔で会釈しました。

オギノパンまでの車道の上りは嫌ですね。ペースを上げて素早く上りました。
韮尾根へ行くにはオギノパンの手前で右折します。
気持ちいい開けた景色が広がります。


無風だし気温も高めでポカポカ。
左手に見える屋根付きのニローネ喫茶(あづまや)ではなく、石碑群の脇に腰を下ろして昼食にしました。

静かなところです。
通るのは地元の軽トラやお散歩の叔母さんくらい。


車道の方面からは時折りオートバイのエンジン音が聞こえます。
オギノパンとか、商業施設に集まるのは分かりますが、直ぐ近くにこんなに気持ちいい場所があるのに。
でも、ここが人だらけになるのは嫌ですが (^^;

今日の昼食はカレーパン。
まずは蒸して中を温めます。
その間にネギトロ巻きを一つ。


そして網にのせて焼き焼き。
中はとろ〜り、外はカリカリ ♪


甘いのも食べたいのでパイも。
パイは焼くと別の食べ物に変化します ♪


お腹が膨れるとまったり感も増幅。
とても有意義な時間です。

一時間ほどしてようやく腰を上げました。

町田街道を行くだけだと時間をもてあますので、久しぶりに戦車道路へ。
寒くなると人も少ないようですね。


走行距離 77km

20:20 出発
12:44 半原越
13:22 韮尾根
16:50 帰宅