幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

3本目の スギノ マイティツアー

1本目は160mm
これは短いクランクを試してみたくて購入しました。
確かに回した感触はとても良く、平地では一漕ぎめから気持ちよさが伝わってきました。
しかし、しばらく使ってみて、上り坂でのトルク不足を感じてやめました。
回転力で上るタイプにはよいと思いますが、ツーリングでは回転数は低いですからね。
それと、ハムストリング(腿の裏)が疲労します。

2本目は165mm
これは現在使っているもので僕の走りにはちょうど良いと感じています。
平地での高回転と山方面での低回転のバランスがいいです。
リッチーの170mmも使っていたことがありますが、長さが原因か分かりませんが膝を痛めたことがあります。

そして今回3本目は167.5mm
これはリカンベント用です。
リカンベントは腰が固定されているので伝達効率は普通の自転車よりも高いです。
しかし、立ち漕ぎができないことから脚の筋肉を休めることができません。
それと今の26HEから少し径の大きな650Bにすることから、同じギヤ比でも伝達力のプラスマイナスを無くす目的です。
懸念は、リカンベントが前輪駆動のため、ハンドルを切った時にペダルが遠くなってしまうこと。
問題があるようなら160mmか165mmを使ってみようと思っています。

そうそう、この後このロゴをデータ化してレーザーマーキングをしてもらう予定です。

話しは変わりますが、この真珠のようなアルマイトはどういう製造工程なんでしょう。
安っぽいアルマイトとは次元が違います。
ご存知の方は是非教えていただきたいです。