幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

Sleipnir 6 にチェンジ 

ブラウザは何を使っていますか?

Windows なら Internet Explorer か、あるいは Google ChromeFirefox でしょうか。
MacintoshiPhone なら SafariAndroidGoogle Chrome といったところでしょう。

僕は Windows では FirefoxAndroid では Opera 12 を使ってきましたが、Sleipnir 6 を使うことにしました。


僕がブラウザを選ぶときの要求は次の点です。

1.Android で User Side Script が動くこと
User Side Script プログラムは自分の端末にインストールして、見ているサイトの表示を変えたり、機能を追加することができます。

2.Windows でブックマークを左サイドバーに表示できること
多くのブックマークを探しやすく管理するには、ツリー形式の左サイドバーが最適だと思っています。
OSのファイル管理でも同様のインターフェースですから、違和感もありませんしね。

最近ではツリー形式でなく、“パンくずリスト”形式を見ることが多くなりました。
AAA > BBB > CCC という階層を横並びに表示する形式です。
パンくずリスト形式では階層の異なる場所へ移るためには、共通する親階層へ戻らなければいけません。この点でツリー形式に劣ります。

3.AndroidWindows でブックマークを共有できること
あえて語ることはありませんね。自宅でPCを使う人が外出中にスマホを使う場合、あるいはタブレットスマホの両方を使っていると、ブックマークを共有できると便利ですから。

話しがそれますが、ブラウザだけでなくメールも環境に依存することなく使えると便利です。
その為にはメールデータをPCに保存するのではなく、ネット上に置いたままにするのがいいです。Gmailは最初からこの形式です。
PC環境ではまだまだこうした形式で使う人が少ないようですが、インターネットのアクセスが早くなった今では、メールデータがネット上にあっても何らストレスはありません。
大抵のメールソフトでは、アカウント設定によってデータをダウンロードして端末へ保存して見るのか、メールサーバにおいたまま見るのかを選択できます。
ちなみに僕は、Windowsでは仕事用にOutlook、個人用はOperaAndroidではCosmoSiaを使っています。どの環境でも同じメールを見れます。

話しをもどします。
上記の3つの要求を満たすブラウザは実はあまりありません。
その為、ブックマークの共有を妥協して、Windows では FirefoxAndroid では Opera 12 を使ってきました。
しかし、Sleipnir というブラウザが全てを満たすことが分かったので、今回これに変更してみたのです。

Sleipnir は日本製。Made in Japan です!

大きな特徴は“お気にタブ”という独自に開発したユーザーインターフェースでブックマークを管理できること。
お気にタブは、ブックマークを閉じないで開きっぱなしにして、これをサムネール画面で上手に管理するためのユーザーインターフェースです。
ツリーメニューにある“文字”で認識するのではなく、絵(サムネール)で認識しよう、というもの。
けれど、僕にはなじめませんでした (^^;

しかし、ツリー形式のブックマークを左サイドバーに表示できますので、要求は満たされました。

もう一つの特徴はマウスによるジェスチャーで操作できることです。
マウス右ボタンをドラッグしてページを戻ったりできます。これは以外と便利で気に入りました。
Webサーフィンしているときは、だるだる〜、まった〜り、な感じなので、片手のマウスだけで操作できるのはいいです。

ブラウザのエンジン(HTMLを解釈する部分)はシェアの多くなったBlinkを使っています。
BlinkはGoogleChrome向けに開発したもので、Chromeのシェアが高くなってきたましたから将来的に安心です。
HTMLの表示やJavaScriptの解釈はChromeとほぼ一緒ということになります。


昨今、様々な製品が生まれ、また廃れています。その中から何を選択するかは自由です。選ばないのも自由です。
僕は使い易いものを手に入れて心地よい生活を送ることにします。
春ですしね。