幅員5.5m未満をゆく

綱子天神峠 尾根道走行

走り初めは去年の同じ日に走ったコース。これを逆に辿りました。
今回の方が乗車率が高く、およそ4kmの尾根を2/3は乗って楽しめます。

http://yahoo.jp/2OQEbg

山道の入り口は大川原天神峠。
巌道峠を基点にすればもっと長い距離を楽しめますが、年始めですし明日は仕事ですからここを起点にしました。

大川原天神峠の北側にあった巌道峠方面への登山口は無くなっていました。
代わりに、南側100mのところに大川原山登山口の印があり、踏み跡が明瞭なことから、こちらが古くからある道なのでしょう。

山道へ入ってしばらくは杉林の薄暗い巻き道。
ヌタノハラを過ぎると落ち葉の積もった雑木林の尾根に出ます。
ここはお気に入りの場所なので、窪みに腰を下ろしてゆっくと昼食をとりました。


この後、コース中もっとも尖った痩せ尾根があります。
どうするとこういう地形ができるのでしょうね。


綱子天神峠には新たにベンチが置かれていました。
夏場はヒルが多いのでありがたいです。


峰山の直下にある道標の背後に馬頭観音が倒れていました。
落雷にやられてのか真っ二つに割れていて可愛そう。
立ててあげましたが、転がり落ちてもマズイので寝かせて起きました。


ここは落ち葉がたくさん積もったS字のくだり。
カサカサと音をたてながらくだりました。


小舟へ下った後は、距離的に物足りないので牧馬峠を重めのギヤで越えてから帰途につきました。

今日のCHERUBIM
これでスポルティーフを作りたいなぁ。


その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/20160104#

走行距離 98km

06:55 出発
10:22 大川原天神峠
12:41 綱子天神峠
13:09 小舟
16:28 帰宅