幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

八丁から大野山

山北の北側の山奥に八丁という集落があります。
ここは行き止まり(だった)なのですが、以前からなんとなく魅力を感じていました。

山を一つ越えた虫沢集落から山道の峠を越えてパスハンで入ることも考えていたのですが、ふとGoogleMapを覗いたら林道が大野山まで延びているではありませんか。
大野山もまた行き止まりの場所でしたから、行き止まり同士が繋がって周回ルートがとれることになりました。

※まだ開通して間もないため工事中です。平日や土曜は避けるのが賢明でしょう。

http://yahoo.jp/J2Yo_8


ファストランで一汗かいて渋沢の外れにあるコンビニで小休止。
ここから松田までは日陰で冷気に満たされていました。この日一番の寒さ (>_<)

山北町内を流して外れまで。
そこから右折して皆瀬川を北上した奥に八丁があります。


狭い谷を蛇行しながら日陰と日向を繰り返します。


紅葉もまだ所々に残っていました。


市間への分岐、人遠への分岐を経て、ほどなくして八丁に着きました。
庭先の犬がひっきりなしに吼えているのは、ハンターの車に乗せられた猟犬の匂いのせいでしょう。
しかし、うるさい (-.-)


林道入口のゲートに着くと、ちょうどハンターの軽トラが来たので、一緒に入れてもらいました。


山を越えて虫沢へ至る「はなじょろ道」は沢を渡ってから厳しい坂道のようです。


1キロも上るとダートに変わります。
日陰の水溜りは今年の初凍り。この先は小雪も残っていました。


高度を稼ぐと所々で視界が開けて足柄や小田原方面を望めます。
眼下の八丁の谷には鷹が回っています。なんとも長閑。


林道中間部は等高線沿いに僅かにアップダウンがあるだけで気持ちよく走れます。
しかし蛇行するその道は思いのほか距離があり、眺望もよくダイナミックな林道です。


眼下の手前に見える集落は高杉。
あそこへも行ってみたいなぁ。


後半は工事箇所があって、泥濘箇所や重機が道を塞いでいたりします。
自転車と靴が泥だらけにならないようにそうっと通過しました。

簡易舗装が現れると間もなく大野山です。一押しで山頂。
午前中のスーパーファインは既に雲が出始めてしまい、富士山も上部は雲の中でした。


西丹沢も一望できます。


そして、マンモスが…


小田原方面もバッチリ。


ここでの昼食はやはり無理。
強くはありませんが風が冷たくて落ち着きません。
早々に退散して少し下った道路脇にベンチを見つけて陣取りました。
今日は牛筋煮込み (^^)


下山路は市間集落への細い道を経て山北へ降りました。


その後は松田から篠窪峠を経て渋沢へ抜けました。


今回走った林道は神奈川県下では犬越路に次ぐ長さと眺望で、予想以上に走り応えがありました。
もう半年経って工事が完了すれば良いツーリングコースになるでしょう。


その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/20141207#

走行距離 128km

06:50 出発
09:43 山北
10:32 八丁
12:21 大野山
14:00 山北
15:04 篠窪峠
17:15 帰宅