幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

サドルバッグ(試作)



サドルバッグで検索すると、あるはあるは、数え切れないくらいの製品が発売されています。

その多くは細身でシートピラーにかけて先細りになる形で、小型のものから1リットルくらいのサイズまであるでしょうか。

細身で縦長のタイプも嫌いではありませんが、ツーリングの雰囲気を醸し出すにはやっぱり横長タイプが欲しい。

中型のサドルバッグは持っていますので、今回はちょっとした小物を入れる程度の小型のサドルバッグです。



素材は得意のプラスチック。フレームに取り付けているトランクを作った時のものが余っていました。

この素材のいいところは、カッターやハサミで切れるし、適度な張りと硬さがあるので型崩れしないところです。



デザインは断念したフロントバッグの時に思い描いていたものを小型化しました。

マチを入れて丸みを持たせた所がポイントです。曲線と直線のバランスが絶妙!(自己満足)











試作なのでハサミで少しずつ切りながら合わせます。

上下のカーブは表面に切れ込みを入れて曲げやすくしました。

留めてある個所は外せるようにホッチキス (^^;

後でバラして型紙を作ったり図面を描かないといけませんからね。

本ちゃんではリベット留めにします。



今日はここまで。



後は蓋の止め方をどうするかが悩む所です。カチッと留められる金具か、ナイロンベルト用のバックルか、あるいはベルクロか。

サドルへの取り付けは、中型サドルバッグ用のブラケットをそのまま使うつもりです。

中に入れるものは、ファーストエイドや鍵、予備電池といったところでしょうか。