幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

雛鶴峠-二十曲峠-三国峠 ツーリング

今日は久しぶりにガッツリ距離を走りたかったので行ってきました。
ただ、せっかくの新緑シーズンですから、ファストランではなくツーリングにしました。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=bb9878507c5ba0fb25de66bb60750b93

先週はフリマだったので走れず、したがって2週間ぶりです。
脚の弱りが気になりましたが、心配したほどではありませんでした。

相模湖ピクニックランド前を左折して鼠坂へ。
坂の手前で見事に満開のしだれ桜がありました。もちろん撮影。
鼠坂を上って振り返ると、新緑の山々が広く見渡せます。
紅葉もいいけど新緑の方が好きかな (^^)

アップダウンをひぃこらひぃこら。奥牧野へ出ます。
直ぐ先にある秋山集落に、集落と秋山路と山々が見渡せる絶景ポイントを先日見つけたんです。
今日は裏から回り込んで、その高台へでて眺めを楽しむことにしました。
ちょっと回り道でしたが、予想通りの絶景が待っていました。新緑って気持ちいいですね。


秋山路は好きな道です。
アップダウンが嫌らしいですが、のんびり走る分には苦になりません。そして何より車が少ないのがいいです。
ただ、上り詰めた雛鶴峠は大きな新トンネルがどーんとあるだけなので、何にも面白くありません。
旧道のトンネルは封鎖されているし、山道の旧道は越えた先の道が荒廃して抜けられないし。
なので、新トンネルを通過するのみ。

コンビニで昼食をりましたが、そこに新しいR139バイパスが通っていました。
中央道の大月から先が無料(実験)になりましたからね。このバイパス意味あるのでしょうか
(-.-)

次は二十曲峠へ向かいます。
ここは2〜3kmのダート区間があるのでロードの人はダメで〜す。
最近では数少ないダートの林道を楽しめます。勾配が緩いところだけなのと、路面もよく締まっているので走り易い。
ダートが終わると次第に勾配が増していきます。川沿いが終わると勾配が緩くなり山の北斜面になります。
二十曲峠に出ると、どどーんと富士山が正面に見えます。しかし、雲が… 残念。

最後は三国峠
山中湖の俗化区間はスルー。
脚は乳酸が溜まってぱんぱんな感じ。超スローペースで上りました。
こちらも富士山の絶景ポイントですが、雲はさっきよりも大きくなってしまったのと、逆光なので撮影は無し。
峠で写真を撮ってさっさと下りました。
駿河小山までは凄い急坂です。10%…13%…18%。
以前上りましたが、ずっと急勾配なので脚を休めるところがないんです。10%が楽に感じる峠みち。

R246に出て山北辺り。一番脚がキツかったです。
平地を20km/hくらいで走るのも辛い。
でもガマンガマン。軽いギヤでくるくる回すこと30分くらい。なんとか復活です。
追い風にも助けられ、その後は快調に飛ばして帰りました。

写真はこちらからどうぞ
http://www.flickr.com/photos/54921164@N05/sets/72157626565881908/detail/


走行距離: 189.75km

タイム:
07:07 出発
10:50 雛鶴峠
14:13 二十曲峠
15:33 三国峠