幅員5.5m未満をゆく

犬越路ツーリング







毎年夏になると行くところです。

丹沢湖から川沿いの長いアプローチを上り詰めると、荒れたダートの下りが楽しめます。

その昔、武田信玄が犬を連れて越えたことが名前の由来になっています。



コース: R246-厚木-松田-谷峨-丹沢湖-犬越路-津久井湖-町田街道



http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=3d331ef0a9a9cdaa57300120bebc751



しばらく土日が用事でつぶれてしまい、この週末も用事が入ってしまったので、急遽夏休みをとって走りに出かけました。

19日ぶりの脚は確実にへたっていました (-.-)





山北には藁葺?茅葺?の立派な民家が現役のようです。







旧トンネルの上にお地蔵さんが見えたので、上りたかったのですが、民家の脇から続く細い道しかなかったので諦めました。









山北から先はR246の旧道を走ります。

こちらは車が殆ど来ないので気持ちいいです。道路脇にはお地蔵さんも見れます。



丹沢湖から上は夏休み客で賑わっていました。

この川で数年前、豪雨による増水で中州に取り残され、数名が無くなる事故がありました。

皆覚えているのでしょうか…

川にテントを張るときは、非難できる側にしましょう。

濁った水が流れてきたら5分で増水して逃げられなくなります。





箒杉です。樹齢2000年だそうです。

その頃の周りの景色はどんなだったんでしょうね。







川沿いを離れると林道のはじまりです。こちら側はずっと舗装。

ゲートがありますが脇を抜けられます。もちろんキチンとした装備や知識が必要。



上ってきた谷を振り返ります。

今日は終始雲が厚かったですが、この時だけは青空が覗いていました。







犬越路トンネル

味もそっけもありません。水場があります。







昼寝をしましたが、冷たい風で目が覚めました。

山すじの雲が低くなって色もグレーに。

時計を見ると30分しか経ってません。ちょっと欲求不満。





トンネルを抜けると雲が垂れ込めています。ちぇっ。







ダートは終始荒れ放題。サドルには座れません (^^;

写真の場所はたまたま荒れていませんが。













ダートの後の舗装路って気持ちいいですね。

自転車はやっぱり舗装路を走る乗り物だ。なんて思ってしまいます (^^;



田んぼの緑が綺麗です。

道志川をはさんで向こうの山の右手に窪んだ所は、綱子へ抜ける大川原天神峠。









帰りは雲行きが怪しくなり。急かされながら走りましたが、家の手前数キロの地点で土砂降り。

ミニストップへ逃げ込みました。





走行距離: 137.65km



タイム:

06:00 出発

09:00 谷峨

11:06 犬越路トンネル

16:00 帰宅