幅員5.5m未満をゆく

鶴峠ツーリング







6月1日、今日は会社の創立記念日でお休み。

昨日の朝礼で 「明日は休みですので…」、おぉーっ、そうだった!

と、すっかり忘れていたので、凄く得した気分でした。



鶴峠は奥多摩側からは何度も越えているので、上野原側から越えることにしました。

アプローチが非常に長く、延々と20km以上も静かな農村を堪能できます。

たっぷりと時間をかけて巡りました。







コース: 町田街道-相模湖-上野原-棡原-鶴峠-小菅-奥多摩-青梅-八王子-町田街道

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=815e3a7491e252cff8c704b72137f59





もう緑は夏の色ですね。









途中、道が二手に別れるところ、初戸(はど)集落の旧道へ入ると、六面地蔵がありました。











道祖神もありました。

湧き出る水の上に座っているように見えます。









初戸から左の道を行くと、お気に入りの風景が広がります。

この急斜面をみてください。40度くらいありそうです。

この左上の斜面に民家もあります。









本線と合流し、西原(さいはら)の先、郷原を右折して原集落へ上ります。ここは初めて。

馬頭観音のある急坂を上り、







古い家屋の横を抜けると、







高原のような農村が広がっていました。

正面は三頭山。あの向こう側は都民の森です。









森上付近の道路の右側に巨木が並んでいるところがあります。直径1.5mくらいの木が10本くらいあるでしょうか。

その中に神社がありました。現在修復中。







根が大蛇のように張り出しています。









ここを過ぎると峠までは単調な上りです。

途中、ロードをパスしましたが、聞くと、奥多摩に車をデポして風張峠を越えて甲武トンネルを越えて来たとのこと。それじゃぁヘタりますよ (^^;







奥多摩からバスを乗り継いでここまで輪行っていうのもいいかもね (^^)









走行距離: 161.46km



08:00 出発

10:30 上野原

11:00 棡原

13:20 鶴峠

18:10 帰宅