幅員5.5m未満をゆく

自転車とサイクリングの日記です。

幅員5.5m未満をゆく

御林峠(十文字峠) パスハンティング







今日は久しぶりに御林峠(十文字峠)へパスハンティングに行きました。

上野原の北部、墓村から和見へ抜ける古道の峠道です。



コース

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=89209b73cd2c06f47096d27a4f08152



ここの魅力は高台にある両集落を山道で越えるところと、和見の眺めです。

和見は僕にとっての桃源郷なんです。



行きは寄り道せずに目的地まで快走。

上野原を過ぎてからは川沿いの左岸の道がお気に入りです。ほとんど車が通りません。



棡原から少し戻った用竹集落から上り始めます。

春の色とりどりの花に癒されます。









今回は墓村の登山口手前にある旧道へ入ってみました。

いい雰囲気のところで以前から気になっていた道です。









登山口に到着。

今日もお地蔵さんはこちらに傾きながら見守ってくれてます。









この道は古道らしく、道中たくさんの石仏や馬頭観音が点在しています。



http://www.youtube.com/watch?v=92mTggqGxH





40分で御林峠に到着。

ここは権現山から芦垣へ下る登山道との辻になっていて、十文字峠とも呼ぶらしいです。石の道標は春草にうもれ気味。

おにぎりとパンを食べ30分くらいのんびり休憩しました。













和見から峠までかつて車一台分の道が続いていましたが、現在は廃道化しています。

枝や尖った小石が多く、崩れかかった部分もあります。

下るにつれて道幅も広くなり轍もみられるようになると和見に下り立ちます。



ここのビューポイントは一番のお気に入りです。

前回来た紅葉の時も良かったですが、今回の新緑もひけを取りません。

道路脇の木陰で座っていると、お婆さんが通りかかったので挨拶すると、「今日は暑いねぇ」 と声をかけてくれました。









集落中央にある神社と分校に立ち寄ってから、なごり惜しむように下界へ下りました。

上野原へ出てから奥牧野へ向かい、お決まりのコース綱子と菅井へ寄ってから道志を通って帰途につきました。





走行距離: 124.15km



タイム

08:03 出発

11:20 墓村

12:10 御林峠

13:05 和見

15:25 綱子

18:10 帰宅