幅員5.5m未満をゆく

懐かしい道







今日は午前中だけ。のつもりがちょっとタイムオーバー (^^;

近所の里山で遊んできました。

9:15に出発。



来週SATコミュの人達をお誘いしているので、コース状況を確認してきました。



前日は一日雨が降っていましたが、山道は水はけがいいのと、落ち葉が水を吸ってくれるので、ぬかるみは殆どありまんでした。

砂利のダート区間の方が水溜りが多く、ぬかるんでいる場合もありますね。



今日は確認したい昔の道があったのですが、工事資材置き場の脇が入り口なので、今までは敬遠していたのです。



しかし、行ってみると、ありました!

凄く雰囲気の良い道が昔のままに。

幼い頃に歩いた覚えがあります。農家の人が牛に荷物を引かせて、ぬかるんだ道に足をとられながら上っていたものです。



http://cafe.cyclestyle.net/user/photo/detail/?reffer_id=14672&id=2099





もう一箇所。こちらは高校生くらいの時に、この地域を好んで走っていた頃いよく通った道です。

入り口が民家の庭先なので最近は遠慮していたのです。なので、逆から辿ることにしました。



当時の記憶とは違い、みとごな竹林。

湿った路面の艶とあいまって、なんともいえない雰囲気につつまれていました。



http://cafe.cyclestyle.net/user/photo/detail/?id=2099





この竹林の先が民家の庭先なので、このまま少し押し歩いて行きました。

すると、その民家からちょうどお婆さんが出てきていて、何やら話しかけてきました。



15分くらい話したでしょうか。

近所から疎ましく思われているだとか。

近くの水道(大きなやつ)から昔は水が溢れて大変だったとか。

その水道に身投げした事件の話しとか。

しまいには政治の話しまで…

ともあれ、気の良いお婆さんだったので、今後は気兼ねなく庭先から入らせてもらえます (^^)v



今日は新たなコースも開拓できたし、ちょっとした時間でも楽しめました。

けど、里山の宿命ともいえる "ウン" にも恵まれましたが (^^;



帰宅: 13時頃





里山阿呆隊(SAT)コミュのトピ

よろしければご参加ください!

http://cafe.cyclestyle.net/community/detail/topics/?id=402